ページ

2013年6月23日日曜日

綾瀬はるか 筑紫哲也 金平茂紀 コリアンマンセー

 今日の北海道新聞の書評ページには、綾瀬はるかと筑紫哲也のコラボした本が紹介されていた。

http://www.amazon.co.jp/%E7%B6%BE%E7%80%AC%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%8B-%E3%80%8C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%80%8D%E3%82%92%E8%81%9E%E3%81%8F-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-TBS%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%80%8ENEWS23%E3%80%8F%E5%8F%96%E6%9D%90%E7%8F%AD/dp/4005007414/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1371994200&sr=1-1&keywords=%E7%B6%BE%E7%80%AC%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%80%8C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%80%8D%E3%82%92%E8%81%9E%E3%81%8F


 筑紫哲也といえば、遺族が7000万円の預金だか貯金を申告せずに脱税したことで有名で、恐らく、筑紫も含めて日本には税金を払いたくなかったのだろうと思われるクズ。

 筑紫は、恐らくはコリアン系日本人と思われる(そうとしか思えない)TBS報道部長・金平茂紀と協力して反日・コリアン賛歌報道をやっていた人物。
 その放送局、その反日男とコラボしているのが綾瀬はるか。
 本の出版社もコリアンマンセーに凝り固まった岩波書店。
 となれば、綾瀬はるかがどういった考えで生きているのか、理解できる。

 NHKの大河ドラマの主要人物は、例年、コリアンマンセーに賛同する芸能人ばかりであるけれども、もちろん、NHKがコリアンに支配されている放送局であるのだから、当然のことである。


問題 以下のNHK大河ドラマの主人公の中に、コリアン系日本人は何人いるでしょうか?

放送年 タイトル 主 演
2013年 八重の桜 綾瀬はるか (筑紫金平岩波といったコリアンマンセー
2012年 平清盛 松山ケンイチ 松ケン、最低視聴率は「光栄」(妻の小雪は韓国でなんとか)
2011年 江~姫たちの戦国~ 上野樹里  
2010年 龍馬伝 福山雅治(事務所の社長のアミューズ・大里ナントカはコリアンミュージカルゴリ押しで有名・桑田佳祐は……)
2009年 天地人 妻夫木聡(コリアン語ペラペラ・宮崎あおいと一緒の反日映画)
2008年 篤姫 宮崎あおい(反日女優として定着・元夫は……)
 ということで、このもっと前には、内田裕也の女婿・本木雅弘とかもいて、ともかく全員が全員……。まぁ、NHKだからそうなるのだろう。


参考http://www.cyzo.com/2011/07/post_7960.html

本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.113
2011.07.21 木
 大河ドラマ『八重の桜』綾瀬はるかキャスティングに見るNHK上層部の癒着体質
2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』の主役に綾瀬はるかが決定したことで、女優を抱える芸能プロのオーナーたちから「NHK上層部のCM絡みの癒着ではないか」という疑惑の声が上がっている。
 指摘された疑惑について、過去の大河ドラマの出演者を調べてみると、筆者も、この癒着疑惑を抱かざるを得なかった。
 09年の『天地人』の主役は、綾瀬と同じホリプロ所属の妻夫木聡。10年の『龍馬伝』はアミューズ所属の福山雅治。現在、放送されている『江~姫たちの戦国~』も福山と同じ事務所の上野樹里。来年の大河『平清盛』はホリプロの松山ケンイチだ。
 5年間で、大河の主役のキャスティングが、大手プロのホリプロとアミューズに占められている。今年1月までNHKの会長を務めていた福地茂雄氏はアサヒビールの元会長。ご存じの通り、福地会長在職当時から、福山と上野はアサヒビールのCMに出演している。NHKに出入りしているドラマ関係者は「朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』に主役に抜てきされた松下奈緒は、アサヒビールのCMに出ていたことがキッカケで、番組プロデューサーが福地会長に気を使って決めたという話もあるんです」と情報を提供してくれた。
 さらに、再来年の、同志社大学を創設した新島襄の妻・新島八重の物語『八重の桜』の綾瀬は、TBS系のドラマ『JIN-仁-』で高視聴率を稼いだが、キャスティングの決定権を持つNHKの専務理事で放送総局長でもある金田新氏は、トヨタ自動車出身。綾瀬は『ラクティス』のCMに出演していた。こうなると、上層部の出身母体のメリットになるようなキャスティングがされているのではないか、というにおいがプンプンするのだ。
 ドラマだけではない。昨年、NHKはK-POPをさまざまな番組で積極的に取り上げた。ところが、NHKにも影響力を持つ芸能界の実力者が、K-POP利権の恩恵に預かれなかったことで、『紅白歌合戦』では土壇場になって、K-POP外しを水面下で指示した。NHKの紅白スタッフは「力量不足」と説明したが、こんな説明に納得した人間はいないだろう。日ごろから紅白のスタッフは、この実力者から接待漬けにあっているという情報を大手プロの幹部から入手している。要するに上も下も、NHKは癒着疑惑が絶えないのだ。
 音楽番組はジャニーズ事務所との癒着もウワサされている。紅白を含めた音楽番組のスタッフと、前出の実力者やジャニーズの癒着の実態については別の機会で明らかにしていくが、せめて大河ドラマの主演だけは、癒着疑惑がささやかれないように公開オーディションで決定すべきだ。癒着体質が罷り通るNHKに受信料は払いたくない。

(文=本多圭)
▲:NHK放送総局長の金田新がコリアン系日本人かどうかは、もちろん、不明である。
 しかし、中山ナントカ議員の国会質疑をYoutubeから削除した首謀者は、NHKの放送局長であるこの金田新という男なのではないだろうかという疑問は残る。


▲:そういえば、綾瀬はるかがやっているのが、同志社の新島襄の妻役。
 同志社大学というのは、コリアンのOBが4000人もいる、極めてコリアン色の強い大学であるということをどこかで読んだことがある。

PS 綾瀬はるか@岩波書店 は、ヌルヌル秋山とも親しいようだ。
秋山成勲「誕生日会」に女優・モデル大集合「豪華すぎて嬉しい!」
2010/12/15 17:44 JCAST
   総合格闘家の秋山成勲が12月15日(2010年)のブログで、「アクセス数がっ!!異常事態!!」と驚いている。毎朝の楽しみであるブログのアクセス数チェックをしたところ、1日で90万アクセスを突破していたという。運営元の「アメーバ芸能人・有名人ブログ」では15日現在、アクセス急上昇ランキング1位となっている。
   アクセス数が伸びたのは、秋山宅で開いた女優・加藤あいの誕生日会の写真を掲載した影響が大きいという。
   秋山は13日、誕生日会に集まった有名人を「超超超超豪華!!!!」と題して紹介。主役の加藤あい、秋山の妻でモデルのSHIHOをはじめ、俳優の伊藤英明、綾瀬はるか、山田優。元プロ野球監督の東尾修、娘でプロゴルファーの理子とその夫石田純一。そのほか人気のモデルやスポーツ選手らが楽しんでいる写真をアップしている。翌14日には、「結局こんな感じで、スーパーガールズたち」女優やモデルらの集合写真を掲載し、「我ながら豪華過ぎて、嬉しくなります!」と書いている。

   アクセス急増に大喜びの秋山は、「明日から間違いなくアクセス数は落ちると思うが、アクセスしてくれた皆ありがと!!」と感謝を綴った。
▲:みんな、御仲間なのだろう。