ページ

2013年5月10日金曜日

気になったニュース


オペラ上演中止…虐殺描写で体調不良の観客続出
 【ベルリン=工藤武人】DPA通信によると、ドイツ西部デュッセルドルフの歌劇場は9日、同国の作曲家リヒャルト・ワーグナーのオペラ「タンホイザー」の上演を中止した。
 ガス室の場面など、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を描写した演出の生々しさに気分が悪くなり、体調不良を訴える観客が続出したことが理由という。
 ワーグナーの代表作、タンホイザーは1845年の初演。演出家の意向で、ナチスの時代に設定を置き換え、4日から上演されていた。演出家が内容の変更を拒んだため、今後は、音楽だけを上演する。
 今月22日で生誕200年を迎えるワーグナーは、生前の反ユダヤ主義的な言動も相まって、ヒトラーが絶賛し、ナチスの式典などで利用された経緯がある。ナチス時代に置き換えた今回のオペラには、上演開始当初から抗議の声も上がっていた。
(2013年5月10日20時21分  読売新聞)



「不快の念与えた」猪瀬知事、トルコ大使に謝罪
 2020年の五輪招致を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)の行動規範に反してライバル都市を批判するなどした東京都の猪瀬直樹知事は10日の定例記者会見で、トルコのセルダル・クルチ駐日大使に謝罪したことを明らかにした。
 猪瀬知事によると、9日にトルコ大使館を訪問し、クルチ大使と約1時間にわたって会談。猪瀬知事は、米ニューヨーク・タイムズ紙のインタビュー記事の中で「イスラム諸国は互いに争いばかりしている」などと発言をしたことについて「不快の念を与えたことをおわびする」と語った。
 これに対してクルチ大使は「日本とトルコの友情は深い。距離が近ければ五輪を共催できるのに」などと応じたという。
(2013年5月10日19時24分  読売新聞)



訪米同行の韓国大統領府報道官、セクハラで更迭
 【ソウル=豊浦潤一】韓国大統領府は10日、朴槿恵パククネ大統領が9日、大統領訪米に同行した尹昶重ユンチャンジュン大統領府報道官について、「訪米中に不適切な行動を見せ、国家の品位を傷つけたと判断されたため」、更迭を決めたと発表した。
 聯合ニュースは、尹報道官が、朴大統領とオバマ米大統領が首脳会談を終えた7日の夜、ホワイトハウス近くのホテルで在ワシントン韓国大使館の臨時職員の女性の尻を触ったとして現地警察が捜査に乗り出していると伝えた。大統領の訪米同行時の醜聞で更迭される異例の事態となった。
(2013年5月10日11時10分  読売新聞)


旭日旗デザイン使用のイタリア業者 韓国人抗議への「痛烈皮肉」はすごかったが…
2013/5/10 19:50

  韓国のネットユーザーが旭日旗をあしらった携帯電話ケースに抗議したところ、イタリアの業者がその行為を皮肉る回答をした。その論理がすごい、と話題になっている。
   旭日旗デザインへの抗議は、韓国メディアが2013年5月9日に報じて明るみに出た。
「ドイツの旗は、ナチスがいたからダメなのか」

   報道によると、韓国のネットユーザーは8日、「Japanese vintage flag」と名付けられた携帯ケースの写真をフェイスブックに投稿した。そこで見られた旭日旗デザインについて、「非常識だ」と怒り、「私たちの歴史を侮辱してバカにしている」と書き込んだ。
   共感したほかのユーザーは、ケースを扱う「Benjamins」社に早速、抗議のメールを送った。メールでは、旭日旗は、日本が第2次大戦で使った戦争犯罪の旗であり、ナチスドイツの旗ハーケンクロイツに等しいとして、「この旗が製品に使われたことが信じられない。消費者の激しい抗議を受ける可能性があることを知るべきだ」と指摘した。
   これに対し、Benjamins社は、メールへの回答で、「単なる旗」だとしてこんな論理で抗議を皮肉ったというのだ。
「あなたの言う通りならば、ドイツの旗は、ナチスがいたから、アメリカの星条旗は、原爆を投下したから、それぞれ使ってはいけないということなのか?」
   さらに、「私たちは今、2013年に生きている。製品が良ければ買って、そうでなければ買わなければいい」と諭した。ネットユーザーに対しては、「私たちにこのようなメールを送るほど余裕があるのはいいことです。できるだけ、たくさん笑うようにして下さい」とアドバイスしている。
   しかし、ネットユーザーらの不満は収まらず、Benjamins社に対して、「常識がない」といった抗議が相次いでいるという。

ケースは写真削除も、まだ販売中か
   こうした抗議に対応するためか、Benjamins社はフェイスブックで2013年5月9日、旭日旗デザインについて説明した。
   そこでは、「日本を愛しているが、だれも不快な思いにさせたくない」としたうえで、「ケースが好きでないなら無視すればいいし、どんな政治的メッセージもない」と訴えた。しかし、抗議は激しさを増し、その1時間後には、「すべての韓国の人たちへ」と題するメッセージをアップした。
   今度は、不快にさせたことを謝罪し、韓国の人たちに何の敵意もないと強調した。日本の人たちからもメールを受け取ったとして、その内容を元に、旭日旗が第2次大戦前から使われ、現在も海上自衛隊やスポーツイベント、さらに、希望や幸福の象徴として他の国々にも使われていると説明した。つまり、戦争犯罪とは何も関係がないということだとした。
   さらに、ケースは古いiPhone用のもので、もう再生産していないとして、もしどうしても不快なら、ケースをサイトから取り除くこともできると明かした。
   Benjamins社のサイトを見ると、旭日旗デザインのケース写真は10日夕までにすでに削除され、代わりに「?」マークが付いている。ただ、ケースそのものは、現在も販売している可能性はあり、日本のネット上では、対抗してケースを購入しようと呼びかける動きも出ている。
   抗議の中には、イタリアが第2次大戦で使った旗をけなす向きさえあり、Benjamins社もフェイスブックで、ヘイトスピーチは恥だと激怒したほどだ。真珠湾攻撃のあったハワイに親せきがいるという担当者は、「それだからといって、私が日本の旗を嫌うべきなんですか? 私は、韓国の人たちと同じ立場だと思いますが、何の怒りもありません」と漏らしている。