ページ

2013年5月23日木曜日

秦郁彦、愚かなり

 何故、こんな単純なことが理解できないのだろう?
 たとえば、「食事の前には手を洗う必要がある」という「正論」を考えてみよう。
 確かに、それは「正論」のように思える。しかし、それを言う人物が、「顔中糞まみれ」の不潔な奴だったらどうだろう? まともに取りあってもらえるだろうか? 「正論」云々以前に、「顔を洗って出直して来い」というのが大方の意見ではないだろうか。
 橋下徹の慰安婦問題の発言がたとえ「正論」だとしても、アメリカ軍基地の司令官に卑猥な顔をして(恐らく)、エネルギー(性欲?)発散のために「もっと風俗店を使いましょうよ、グビビビビ」と言うような男は、
 顔中糞だらけの不潔な人間
 なのであり、既にその時点で慰安婦問題を語る資格は無い。
 秦郁彦がどれほど正論を述べようとも、顔中糞だらけの橋下に加勢するとしたならば、もうその時点で秦郁彦の顔も糞にまみれていると見なされてしまうのであり、「橋下徹・秦郁彦」と同類扱いされ、信頼を完全に失うことになる。
 それとも秦郁彦は顔中糞だらけになりならが、「食事の前には手を洗え」と声高に叫ぶつもりなのだろうか、それほどまでに愚かな存在だったのだろうか。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130523/stt13052303220000-n1.htm

現代史家・秦郁彦 橋下発言の核心は誤っていない
2013.5.23 03:21 [正論]

《慰安婦は連行せず広告で募集》

 橋下徹大阪市長が5月13日、大阪市役所で記者団に語った慰安婦をめぐる発言は、内外に波紋を巻き起こし、その要旨はテレビや新聞などで大々的に報じられた。改めて発言の核心と思われる3カ所を、入手した速記録から抜いてみよう。草稿なしのアドリブ発言なので、こなれの悪い口語体になっているが、あえて「整形」せずに引用し、歴史家の観点から解説を加えてみたい。  

 (1)「軍自体が、日本政府自体が暴行・脅迫をして…女性を拉致をしたというそういう事実は今のところ証拠で裏付けられていない」

 (2)「当時慰安婦制度は世界各国の軍は持ってたんですよ」

 (3)「なぜ日本のいわゆる従軍慰安婦問題だけが世界的に取り上げられるのか」  

 1990年前後の発端から関わり、『慰安婦と戦場の性』(新潮選書、99年)という研究書を刊行した筆者として、(1)~(3)の捉え方は引用部分に限れば、大筋は正しいと思う。

 ただし、歴史家は過去の史実を正確に復元するだけですむが、政治家はそれを踏まえたうえでの具体的提言や主張を求められるし、予期される内外の反響に対する戦略的、戦術的配慮も必要とすることは言うまでもない。
(以下略)